リョウの人生相談

大学生の人生相談

やりたい仕事@林修 高学歴ニート

https://m.youtube.com/watch?v=qQB48VKBB3w

 

みなさんこんにちは!今日は昨日のつづきの仕事選びの話です。みなさんはこないだの初耳学を見ましたか?URLを貼っておいたので良かったら見てください!概要としては、、

やりたい仕事が見つからないから働かないと主張する高学歴ニートに対して林先生が持論を展開するというものです。先生の主張を簡潔にまとめると、

やりたい仕事というのはさまざまな出会いから偶然によって生じるものだといいます。一方自分のできることというのは経験を積めば必然的にできるようになるといいます。先生も若い頃はやりたい仕事と出会うべく投資を学んだりしたといいますが、結果的に借金がかさんでしまいやりたいことではなくできること、そして1番自分に適している職についたといいます。また全員がやりたいことをすれば社会が回っていかないのでやりたくない仕事をする人がいることで社会が救われる部分も大きいと仰っていました。

 

最近読んでいた堀江さんの著書とは主張が全く違っていてかなり驚かされました。実際堀江さんの主張に疑問がないわけではなく、現実的にお金がなければ好きなことばかりもできないと思います。堀江さんの理論はある程度金持ちの理論だと思う部分があります。林先生の理論に従って好きなことではなくできることを軸に据えて生きていけば成功するのは確かに必然な気もします。

また、番組内で先生は今の仕事は楽しくないと仰るとニートが「所得が十分ある先生ならばもう働かなくていいじゃないか」と言うと先生は自分はやりたいことをやるよりも成果を残すことに快感を覚えるから働くと仰いました。

 

自分としては社会が回らないというのはこれからAIが台頭する時代には古い考えなのではないかと感じる一方で林先生のやりたい仕事は偶然の産物でできる仕事は必然的に生まれるというのは合点がいきました。必ずしも好きではなくとも向いていればその仕事で一流になれると思いました。初めは好きでなくとも向いていれば次第に没頭し、没頭さえできれば好きや嫌いはもはや関係ないのかもしれないですね。堀江さんも没頭しているうちに好きになると言っていており、本当に大事なのは好きかどうかよりも「仕事に没頭すること」なのかもしれないですね。ただお二人に共通しているのは好きなことは無数の出会いの中で生まれるといっており日々さまざまなことを経験しまくることはやはり重要だと感じました。ただ自分の適正を考えた仕事に就くのもありだなあと感じました。そして適正を見極めるには様々な経験が必要でしょう。そうすると2人は意外と近いことを言っているのかもしれないですね。

 

向いている

or                       →没頭!→成功!

好き

 

 

 

 

 

やりたいこととは@仕事、就職

こんにちは、迷える大学生リョウです。

今日はやりたいこととか就職とかについて語ろうかなと思います。

 

自分はやりたいことがない典型的な大学生です!ここ最近、人生について深く悩むようになり本やYouTubeなどで「やりたいこと」や「仕事」について調べまくってみたのですが大体どのサイトや本でも同じようなエッセンスについて言ってるような気がしてきました。それは、、

 

 

好きなことを見つけて没頭する 

ことです。

好きなことが見つからないと言う人の問題点は大きく分けて3つあって、

1つは情報収集が十分でないから楽しそうなことが舞い込んでこないこと。2つ目は日々の生活で得られる機会に飛びつかないために何が楽しいかわからないということ。3つ目はやりたいことはあるが自分にはできないと考えているためやらないということです。

 

1つ目はSNSや現実で自分とは異なる人たちと交流する中で生まれるものだと思います。2つ目は友人や仕入れた情報に少しでも魅力を感じたら行動するフットワークの軽さと言い換えることができるでしょう。3つ目は自分は神と疎通することができどんな願いも叶えてもらえるという仮定に立って考えることで枠を外せると述べていた人もいました笑

 

自分はまだ1つ目の段階で躓いているなあと思いました。もっといろんな機会を作って世の中にあるものを満喫していきたいなあと感じました。とりあえずヒマな日を作らないことを目標にしたらいいかもしれないですね笑

 

それではまた明日!

 

 

 

 

著書 10年後の仕事図鑑 レビュー@ブログ始めました

こんにちは!初めての方は初めまして〜京都の大学生です〜

 

見ての通り今日は初めての投稿です。僕はポケモンや将棋など興味が雑多にあるのですが、今日はこのブログを立てるきっかけになった本の紹介をしてみようと思います!

 

10年後の仕事図鑑

堀江貴文&落合陽一 著

 

堀江さんの書籍を読むのは3度目で過去には「ゼロ」や「多動力」を読んだことがあります。今回は落合さんとの共著ということもあってかそこまで堀江さんが深い内容を話すわけではなく前書の焼き直し感はありましたが(批判しているわけではない)、特に興味を持ったのは「情報メタボ」になるなという箇所。現代人は多くの情報をネットから得るが発信していないと述べています。これは今までの堀江さんの著書にはなかった知見で早速実践して見ようと思い第一歩としてこのブログを立ち上げました笑笑

 

本としての感想としては正直言って微妙という感じです。特に落合さんも堀江さん将来のことなど考えず今を必死に生きろとおっしゃるのですが、その主張とこの本の消える仕事を予測するというコンセプトが矛盾していると感じました。また御二方の言う通りそうした未来の予測に関心が持てなかったです。また落合さんは難しいボキャブラリーを多く使われているためかわかりにくい箇所もありました。そう言う観点からいうとあまりオススメできないですね笑

 

今回は本の紹介をしてみました。読書は好きなので今後も本のレビューもすることはあるかと思いますが趣味が多岐に及んでいるので色んな投稿をすると思いますが明日からもよろしくお願いします。基本、毎日投稿するつもりです!